OL流お稽古・資格で自分磨き

自分の無力さに気づく・・
+毎日だらだら生活の嫌気
+ウダウダ悩むことが多かった
+自分の無力さに気づいた・・
+ストレスが溜まってました
+転職をしたかった
+会社以外の場が欲しかった
+将来に対する不安
+何か自分を変えたかった
+自分探しをしたかった
OL流お稽古・資格で自分磨きへ

 


だらだら生活時代のおかげで、
すっかり中身のない自分に育ってました・・。
 
入社半年で仕事を辞めて、
派遣でもしようかな〜?って思って登録に行けば・・
自分の思うような仕事を紹介してくれませんでした・・。
 
当時の私は、まったくパソコンもオンチで
ブラインドタッチすらできない状態でした。
 
 
その一方で、たまたま一緒に辞めた友人は
すぐに仕事を紹介されていました。
 
なんでだろう?って思った私はよ〜く比較してみたんです・・。
 
友人は、大学時代にパソコンスクールに通っていたので
ブラインドタッチどころか、入力スピードが断然はやかった!!
能力があるわけだから、仕事を紹介してもらえたわけです。
 
 
「それに比べて私は・・。何の特技もない!」
 
バイト経験も接客業だったので、販売系の仕事は紹介されましたが、
何かちょっと違うな・・って思い、仕事を受けずに
アルバイト生活でいろいろやってみることにしました。
 
 
それにしても本当に自分の無力さに気づき、
このままだとやばいな〜ってキモチだけがあせるようになって
いったんです。
 
 
アルバイトはテレマーケティングと販売系を選びました。
もともと人とコミュニケーションをとることが好きだったので
人と接する仕事につきたいなーって思ったんです。
 
 
半年で辞めた、事務の仕事も、毎日デスクワークじゃ
つまんないって毎日思っていたので・・。
 
それに、その時は、まだパソコンなんて勉強しなくても
自分の特技伸ばしたらいいや・・って思ってたりもしていたので、
すぐに克服しようとは思いませんでした。
 
毎日、2つのアルバイトをしながら
コミュニケーション能力を少しずつ高めていきました。
 
接客業やサービス業の仕事は、
学生時代からの延長戦のような感じでした。
もともと人と接することが好きなので、自分にはすごく
向いている仕事だなーって思いました。
 
 
この経験は後々にはプラスになって行ったのですが・・。